「足の攣りの解消」ミネラル豊富な塩性成分!

お塩が足りない? 
ウニ湖写真

良く足がつります。

夜中に立ち会がって痛みが取れるまで・・・
眠いのを我慢して立っているのは辛いものです。
何とかして早く治すためにいろいろ試してみました。

ゲルマニュームのネックレスを巻く
「芍薬甘草湯」を飲む
5本指ソックスを履く


  最近は 「足を温める」 温活に嵌っています(2020年 後記)

ある日フェイスブックを読んでいると「ぬちまーす塩を飲む」
とありました。 「え!? お塩」

サウナに良く入るので、汗をかくと → 「カリウム不足」は知っていましたので
トマト、瓜類、スイカ、ゴーヤ etc. 良く食べていました。

塩は ナトリウムの代表格ですが、マグネシウムの供給元でもあります。


マグネシウム→ 「ミネラル」 です。 

マグネシウムが不足していると言う事は→
 「体のミネラルが不足している」 との事なんです。

これから地球はドンドン暑くなっていくそうです。

熱中症予防にも対策にも お塩は必要ですので・・・
熱中症いらすと
良いお塩を沢山取ってください。

摂りすぎで  体を壊すことは無いそうです。 
(まあそんなに取れませんが(笑))

余分な塩分は排出されますから。

逆に・・・
取らなすぎに注意だそうです!


ですから お塩 調べてみましたので紹介します♪


自然の形で作られた「大地の恵み」がお塩

海から来たと言われる我々のルーツ 
DNAがそこから発生しているのですから、言われてみるとそうですね(笑)





こちらは市販のお塩の成分


下は・・・
ぬちまーすについで人気の「雪塩」の成分表です↓。

マグネシウムの含有量

半端ないです ´ ³`)ノ ~♡。


腸に水分をあたえて便を柔らかくする成分がマグネシウムです。

便秘症の方が良いお塩を召しあがると「便秘解消」になります。
カルシウム 「骨粗鬆」の方は骨が丈夫に ´ ³`)ノ ~♡

塩を変えると 健康成分ミネラルが摂れちゃうのです!


足の攣りもこれらのミネラル摂取で「緩和」されるそうです。

因みに私は長いこと「腎臓機能が悪い」から 減塩生活をしていました。
もう気にする事もなく「薄味」になっていました。

※外食では赤いキャップのお塩です(人口塩)なので 上記の栄養は期待できません。   外食では気を付けるべきですが・・・

 自宅で調理時に また汗をかいたときなどは ペロっと良いお塩をなめています。

結果 足の攣りも減ってきています。 

足の骨の痛みも「カルシウム不足」だったのかもしれません。 

飯尾氏をを心がけるとゆっくり眠れるようになりました。



同じ様なお悩みの方がいらっしゃれば「参考」にしていただければ幸いです。

あなたの毎日の健康のお役に立てたら、幸せです。