胸腺のマッサージをして「免疫力」を上げる!

免疫力が上がれば嬉しいですよね?!
すごい簡単な方法で
免疫力があげられることが判明!




「胸腺とは?」・・・

免疫の細胞をつくり出す場所として最も重要なのは、胸腺です。
胸腺は胸の中央部の胸骨の後ろにある臓器で、鰓(えら)から発生したものです。胸腺は、生まれたときに5gだったものが、4,5歳でMAXの30g
大きさになった後、年齢とともに縮小→80歳で半分に!!

ところが「胸腺」をマッサージすることで・・・縮小を阻止できるそうです。
縮小を阻止できれば、少しでも多くの免疫細胞の増加が期待できます!

体のリンパの大多数は胸腺に集合しており「体の免疫コントロール」をしています
胸腺は例えるとT細胞を教育するスパルタ学校
身体の状況を脳が分析して、最適な環境教育を施すけれども
生き残って卒業できるのはわずか 5% だそうです。

それで 卒業生の代表選手がT細胞
T細胞はリンパ球の約70%を占めるそうです。



「T細胞は、獲得免疫の中心的司令塔。」
マクロファ-ジやB細胞、キラ-T細胞などの免疫実働部隊
活動命令を出すことができる司令官です。

以下は参考文献:
免疫の細胞をつくり出す場所として最も重要なのが、胸腺です。
胸腺は胸の中央部の胸骨の後ろにある臓器で、鰓(えら)から発生したものです。
生まれたときには十八グラムぐらいですが、その後だんだん成長し、思春期には三〇グラムぐらいにまで
大きくなります。しかし、年齢とともに次第に萎縮し、八〇歳までには最大時の二分の一以下になってしまう不思議な臓器です。


胸腺は免疫をつくる「Tリンパ球」を育てる

胸腺の働きはこれまで明らかにされていませんでしたが、最近
免疫にとって重要な臓器であることが分かってきました。
胸腺は、強力な免疫をつくり出してこれをコントロールする
<Tリンパ球を育てます>!!

Tリンパ球をはじめとする白血球を育てる臓器としては他に、
肝臓や腸管がありますが、胸腺はTリンパ球だけを専門に育てているのです。

ストレスが軽い場合には、胸腺は萎縮しても元にもどる力がありますが、
ストレスが長く続くと萎縮したままになって、免疫力が低下してしまいます


自己治療は免疫力を上げていきます。
昨今はガンまで治せるように~なったそうです!!

癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体


ね! 胸腺って 大事なところですね。
簡単な方法で萎縮を遅らせることができるなら・・・

「胸腺」の、応援しましせんか♪

胸腺の場所は此処↓




マッサージの仕方は?




この順番で「やさしく」行ってください。
※ 肋骨のある場所ですのでギュウギュウやるとヒビが入る恐れがあります


お風呂に入りながら、テレビを見ながら「優しく」リラックスして
マッサージしてあげてください!

女性ならバストアップも期待できる場所ですね?
そして最後の「鎖骨」部分はデトックス効果があり お顔の疲れが抜けますよ♪


深い呼吸も大切なので

 「ドローイング呼吸」するついででも出来ますよね?

ぜひお試しください!(^◇^)

明日の元気は是非 GETしてくださいね~




あなたの毎日の健康のお役に立てたら、幸せです。