ミネラル不足は危険信号! 美味しく摂取♪

■現代人はミネラル不足!
ミネラルが多く含まれている食品の代表と言えば、野菜
ですが、現代の野菜に含まれるミネラルは1950年の野菜に比べて
ミネラル成分が10分の1に激減しているという事実をご存知ですか?

土壌の条件もそうですが、水耕栽培なども発達し、水分比が高い割に
➡ ➡ 栄養量が減少しています。

昔と同じ量のミネラル分を補おうとすると、10倍以上の量を食べて、やっと昔と同じミネラル分が摂取できる計算だそうです。



また農薬や化学肥料の普及によって、ミネラルの量だけではなくミネラルの
種類も激減しています。

人間も植物も、 生体内ではミネラルを作り出すことができないため、
戦後から親子三代にわたってミネラルの失調状態が続いているのだそうです。

※ このページは私が紹介しているミネラルの効用の頁から転載しています。
内容が「健康作りの参考」になる成る内容なのでご紹介しています。



----------------------------------------------ここから↓

ミネラルは、五大栄養素
(ビタミン、ミネラル、タンパク質、炭水化物、脂質)の一つです。


ミネラルは、人の体の中では作ることができないので、
<絶えず摂り続ける必要があります。>


しかしながら、ミネラルは一種類だけに偏って過剰に摂取すると逆に、
弊害を起こす場合があります。
健康な身体を維持するには、単一のミネラルサプリではなく、多種類の
調和の取れたミネラル群を取らなけれいけません。

■ミネラル失調状態の現代
ミネラルが豊富に含まれている食品は、野菜や果物、食塩です。
しかし戦後、大量生産重視の農法に切り替わって以来、これらに 含まれるミネラルの種類も量も激減しています。
野菜を例にすれば、人参に含ま れる鉄分は10分の1に激減。
人間も植物も、生体内ではミネラルを作り出すことができないため、戦後から
親子三代にわたってミネラルの失調状態が続いているのです。

飽食時代の栄養失調
 更に、精製食品や加工食品、食品添加物などの化学物質の増加がミネラル不足に拍車をかけることになりました。
1981年頃から『現代人は、エネルギー源であるタンパク質や脂質、 炭水化物は
過剰摂取なのに対し、それらを代謝するミネラルが不足しており、 それが生活習慣病などの一因となっているのではないか…』

という飽食時代の栄養失調を指摘する声が学識者の間で出始めました。

人間は栄養のバランスがとれてこそ、健康を維持できます。
現代人にとって、一生健康であり続けるためには、不足しているミネラルを
効果的に補う必要があるのです。




身体に大切なミネラル ご注意して摂取してくださいね。
お水を飲むだけでミネラル不足解消のページが有りましたのでご紹介します。 
良ければお読みください。


-----------ここからはメーカーからの推薦文です ↓

生体ミネラル水「希望の命水」は一日30㏄をお飲み頂くだけで、
現代人が不足していると言われている一日分のミネラル分を手軽に補充します。
 60㎏の成人の方なら、1日当た り、30㏄ ~が目安です。
お好みにより、2~10倍ほど希釈してすぐにお飲みください。
(※ 作り置きはしないでください)

溶けないミネラルを食用酸で抽出!
生体ミネラル水は、数億年前に海から隆起した黒雲母花こう斑岩(学術名:BiotiteGranite)を食用酸でイオン化抽出し、十数工程もの濾過工程を経た
濃縮ミネラル水です。
原始の地球では、塩酸や硫酸などの強力な酸を含む雨が大地のミネラル分を
溶かし、その水が集まって太古の海を作りだしました。
そして多くのミネラルを含むこの海から最初の生命が誕生したのです。 
生体ミネラル水は、まさに生命を生み出した太古の海そのものと言えるかもしれません。
(※現在の海は、ナトリウム分が多すぎて、ここから新たな生命は生まれない
と言われています。)

 ここから生命が誕生した事を考えると、ミネラルこそが生命の源、そして栄養素の根幹をなすものだと言えます。



※飲用以外では?
◆ シャケやウナギの成長が早く、また淡水魚、海水魚、熱帯魚に関わらず
同じ水槽で育つ。
◆ 生活排水や工業廃水によって汚染された河に魚が戻って来た(ブラジル)。
◆ 農作物が病気や虫に強くなり、農薬や化学肥料がいらなくなった。
◆ 家畜の生育が良くなり、病気にもかかりにくく、肉質も向上した。
◆ 希釈してスプレーしたら建物の異臭がとれた。
◆ 入浴剤を使ったら浴槽に汚物がドッと出て驚いた!

 ■ 医師に相談できる
 体調が心配な方は、現在の症状を含む、生体ミネラル水の一日の摂取量や飲み方について医師に相談できる制度(有料)があります。


いろいろ気を使っても 明日の元気は是非 GETしてくださいね~

あなたの毎日の健康のお役に立てたら、幸せです。